Dayz-wiz-mirrorz-of-myself
Microsoftの街Redmond,WA在住。22歳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

First with the head, then with the heart

タイトル、昨日見た映画のなかから拝借してきました。


the Power of One (1992)
http://www.imdb.com/title/tt0105159/


会社帰りに、シアトルにあるクラスメートの家で見た、非常に考えさせられる映画です。南アフリカのアパルトヘイトを主人公の成長と絡めながら描写しています。結構お勧めです




閑話休題?なのかな。



映画の主人公はかなり過酷な少年時代を映画の中でおくっているんですよ。

映画のThemeとはそれるけど、そういうのってたまに憧れたりしません?つらい過去をバネに精一杯生きている人。

一度臨死体験をした人の多くは、以前と人生に対するものの考え方が大きく変わるそうです。生きてることに執着するというか、一日一日を精一杯生きるというか。臨死体験をした人は俗にいう暗いトンネルを一筋の光に誘われて抜ける体験やら、天井から意識の抜けた自分自身を見る体験やらするそうですが、こういう体験ってLSDやマリファナを使ったときの幻覚症状と酷似しているそうです。ただここでおもしろいのが、こういうドラックっていうのは、人間が体内に持っている神経伝達物質の効果をMimic(真似る)しているだけなんですって。ってことはこういう臨死体験って科学的にもサポートされ得るということでしょうか?まあ心理学の授業でならったことなんですがね(笑)


話がそれた・・・

人間は環境適応能力の高い生き物です。
言語環境が変化したって脳みそが腐って死んだりしません。
よりハードな環境にも適応できる反面、落ちるとこまでどこまでも落ちていく事もできる。適応する頃にはその環境が『当たり前』の毎日になってるんですよね。



たぶん先進国でごく一般的な家庭に生れ落ちた人間は、どんなに堕落してもまず死ぬことはありません。○泉内閣の最近の体たらくを耳にする限り日本の社会保障は当てにはできないかもしれませんが、たとえニートになったって家庭を持つ経済力はなくても自分ひとりなら何とか生きていくことはできるでしょう(まあ35歳以上になると年金もフルでもらえなくなるらしいですが)。



自分の『当たり前』に気づくことが難しいんじゃないだろうか。アメリカでも日本でも。
どっかの記事で読んだけど、今年度の就職活動で人事が最も感じたことの一つが「応募者の学生にハングリー精神が足りない」ことだったそうです。

じゃあ学生がどんなことをよく口にしたのかというと『社会に貢献したい』という答え。例えばウチの会社で働くことを通じてどんなことを実現したいですか、と聞かれてこの答えだとしたらそもそも質問に答えたことにすらなりませんよね。社会に貢献してないビジネスなんて社会に存在しないんだから。仮にもっと具体的なことを述べることができたとしてもどこか他人行儀ですよね。それって本当に自分の価値観とか生きがいとマッチしてるのって。
自分ありきなんですよね。五感から入ってくる情報も他人との境界線も自分という前提が存在しなければ成り立たない。自分の幸せを最初に考えるのが極自然な考えで、他人の幸せが自分の幸せとして感じられるとしたら、もちろんそれはこの前提ありきの話しなわけで。

ハングリー精神ってのは他人への迷惑も顧みずに自分本位で生きることとは意がずれるでしょうが、自分の幸せを探すため、またはよりよいものにするために『当たり前』の殻を常に蹴破っていく意識をさすのではないでしょうか。



僕は十代の終わり頃までは本当に何も考えないで、生きてんだか生かされてんだか、ここにいるだけなのか、っていうかそんなことすら頭に問題意識として浮かんできすらしないネジの抜けた子でした。

幸いそんな時期にいくつか『非日常的』な体験をしたことを通して自分が今まで「当たり前」だと思っていた生活が全然自分の求めているものと違うことがわかりました。運がよかったんですかね。

だからといって『当たり前』のサイクルが途切れたわけじゃなくて日々適応して最小限の代謝で毎日を過ごそうと努力するわけですからもちろんまた違うところで『当たり前』の毎日が始まってしまうわけです。


日々成長することが人間のあるべき姿だとは思いませんが、日々いろんなもので五感を刺激して、経験と感情で心身を潤しながら生きていきたい。また当たり前の生活してるなーって思って立ち止まるのって疲れるんですよ。凹むし、エネルギー使うし。

First with the head, then with the heart

人生のご利用は計画的な方がいいでしょうが、最後は結局心で決める


『当たり前』の生き方は人の心をロボットみたいにするような気がします


スポンサーサイト
【2006/05/11 15:52】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

<<u'll do that | ホーム | kaleidoscope, latent content>>

コメント

>Oら

ははは(笑)
SMKか、残念ながらそれではないけどなw
うん、あれは非常識もいいもんだった。れおとか島田とか元気にしてんのかな?

そうだな、まいにちしっかり生きてくのって大切だし、難しい。でも、周りのせいとか、忙しいからとかで自分を見失いたくはないもんな。

お前もカナダで頑張れよ!!!
【2006/05/18 04:57】 URL | Wa #-[ 編集]
うんうん、同感!いろんな刺激とともに、毎日しっかり生きていたい!

一人の人間にできることってたかが知れとると思うけど、同じ人間でも、いてもいなくっても変わんないような人もおれば、世界中に影響を与えている人もいるもんな・・・

俺自身、まずは毎日をせーいっぱい生きて、そしてせっかくなら、自分のやってることが、世の中のどっかでポジティブな意味を持てばいいなと思うよー。

ハングリーっていい言葉やー。


わっしーの非日常ってSMKのことか?うんうん、ありゃ常識外れもいいとこだったからな・・・
【2006/05/16 10:22】 URL | ○ら #SFo5/nok[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ENTRIES

  • from the United States(06/28)
  • 春分(03/21)
  • くるないさー(01/10)
  • 今、無性にオペラが見たい(フィガロとか)(11/06)
  • 惰性はダサい(10/05)
  • COMMENTS

  • tatsuya katsube(02/11)
  • wassy(03/23)
  • nappa(03/22)
  • chie(01/11)
  • wassy(01/11)
  • chie(01/11)
  • chie(10/05)
  • wassy(10/04)
  • chie(10/03)
  • wassy(10/01)
  • TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2007年06月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (3)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (9)
  • 2006年02月 (9)
  • CATEGORY

  • 未分類 (16)
  • 想 (26)
  • 信 (2)
  • 糧 (3)
  • LINKS

  • 余情残心
  • magazine ryosera
  • イモが食べたい
  • Learn to Fly!
  • 喫茶室ミキタカ
  • jonnyquest
  • coconuts cafe
  • CALENDER

    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    INFOMATION

    wassy

  • wassy
  • アメリカ西海岸にて留学中。22歳。学生。
    現地企業でインターンシップ中。...帰国まで二ヶ月切りましたねw
    Finished school, focusing on internships (IB, HR Mgmt Consulting). Gotta move out 2 Bellevue. Thats the real pain in the ass...


  • 管理者ページ
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。